むちうちなら天王台北口整骨院

天王台北口整骨院

スポーツ障害

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
Pocket

悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    野球やテニスをしていて肘が痛くなった
    バスケットボールやサッカーをしていて膝に痛みが出た
    陸上競技やランニングをしていてすねのあたりが痛くなった
    野球や水泳、バドミントンなど腕をよく使う競技で肩が痛くなった
    サッカーなど長時間走る競技でアキレス腱やかかとが痛くなった
    運動やスポーツを行う前にウォーミングアップや競技後にクールダウンをあまり行わない
    運動フォームが悪い
    練習環境が悪い(マラソンのランニングコースがアスファルト)などの外的要因
    成長期でスポーツをやっている

  2. そもそもスポーツ障害とは?当院の考え

    明るい挨拶

    スポーツ障害とはスポーツをすることで起こる障害や外傷のことをいいます。
    主に同じスポーツを長期間行っていてある部分に負担がかかって起こるものがほとんどです。使い過ぎ(オーバーユース)やウォーミングアップ不足が原因となることが多いです。またスポーツ活動が盛んな成長期などにもよく起こります。
    いくつか例をあげると皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが野球肘、テニス肘というものがあります。野球の場合は投球による使い過ぎ、テニスの場合は繰り返しの素振り動作が原因によって起こる肘関節の炎症です。
    他にはシンスプリントと呼ばれるものもあります。これはランナーの方などに良くみられます。すねのあたりに炎症が起きて痛みが出るものです。
    またジャンパー膝と呼ばれるものもあります。これはバスケットの選手などによくみられ、名前の通りジャンプ動作を繰り返し行う事で膝周辺に痛みが出るものです。
    このように競技によって症状が出る部位は異なってきますが全体としていえるのは使い過ぎによって起こるものという事を覚えておいてください。

  3. スポーツ障害を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    スポーツ障害を放っておくと当然かもしれませんが行っている競技ができなくなったり、競技に復帰するのが遅れたり、出来なかったりします。
    たとえばそのまま放っておくと疲労骨折を起こしてしまう場合もあります。
    骨折をしてしまうと固定しないといけなかったりリハビリの期間も必要になってしまいます。
    他にもスポーツ障害を発症した原因を突き止め対策していかなければまた発症してしまいます。身体の柔軟性やウォーミングアップ、クールダウンの有無やスポーツをしている環境を思い返してください。必ず対策、予防できることがあるともいます。
    またスポーツ障害の場合、安静にし痛みが一時的に無くなったとしても、非常に再発しやすいものです。使い過ぎが原因となるものなのでしっかり早めに休んで早めに治療を受けることが大切になってきます。

  4. スポーツ障害にはどんな施術メニューがおすすめですか?

    姿勢矯正

    当院ではまずどのような競技でどのような症状を診させて頂いてから症状にあった治療をさせて頂きます。多くの場合は患部に炎症が起きているのでその部位に対してハイボルトという電気を当てます。この治療によって痛みの軽減や治癒スピードを上げることができます。
    またスポーツ障害を起こしやすい原因として身体の柔軟性が重要になってくるので身体が硬い方などに対しては筋膜ストレッチという治療を行っています。身体が硬いとケガのリスクも上がりますし血行もあまり良い状態ではないので競技に復帰したとしてもまた再発してしまいます。ストレッチをすることによりケガをしにくい身体を作っていく必要があります。
    またそれぞれの競技には正しいフォームがありますがどの競技にも必要になるのが姿勢です。姿勢が良くない場合には矯正治療を行わせて頂いています。
    正しいフォームで競技を行なえば障害が発生するリスクは減ります。

  5. その施術を受けるとどう軽減するのか

    明るい挨拶

    ハイボルトなどの電気治療を炎症が起きている患部に施すと損傷して硬くなっている筋肉や細胞の血流が良くなり回復が早くなります。
    また損傷により硬くなった筋肉がほぐれることで再受傷しにくくなります。スポーツ障害の多くの痛みが筋肉の硬さや柔軟性の不足から起こるので筋膜ストレッチを行う事で柔軟性を作り出し、同じ動作を行った際の衝撃やストレスを軽減し痛みの出にくい身体が出来上がります。
    また筋肉が柔らかいことで従来の関節可動域よりも大きく動かせることが出来るので、パフォーマンスの向上が見込めます。続いては矯正です。強靭な筋肉や柔軟性があっても間違った筋肉の使い方をしていると一か所だけにストレスがかかりやすく痛みが出てきてしまいます。
    間違った身体の使い方の多くの原因が姿勢の歪みです。姿勢が歪んでいる状態とそうでない状態で同一の動きをした時身体に掛かる負担は大きく違いがあります。人間が本来持っている正しい姿勢が一番負担が掛からないものであるので、その状態を作っていかないと根本的な所で解決していない為、再度痛みが出る確率が上がります。

  6. 改善するための通院(施術)頻度は?

    明るい挨拶

    症状が強く出ている初期段階では、毎日の通院が理想とされています。身体の細胞は絶えず生まれ変わっているので毎日通院し、治療することで回復を早めることができます。学生や社会人などで毎日通院することが難しい方でも最低週3回は通院できると良いでしょう。症状が落ち着いてきた時期にはメンテナンスとして週1~3回の通院で競技によってストレスが掛かった筋肉や骨格を調整してあげると良いです。前述のとおり身体の細胞は絶えず生まれ変わっているのでどの段階でも毎日通院できる場合は毎日が理想です。

▲ページの先頭へ戻る

天王台北口整骨院のご案内

【住所】〒270-1176 千葉県我孫子市柴崎台1-10-3【電話】TEL:04-7170-0650

天王台北口整骨院景観
受付時間 土・祝・日
9:00 ~12:00 8:00~12:00
15:00~21:00 14:30~17:00

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR常磐線 天王台駅 北口から徒歩1分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

天王台、柴崎台、柴崎、青山台、栄、泉、下ケ戸など広く地域の方にお越しいただいております。

▲ページの先頭へ戻る

Scroll Up