悩みタイトル

料理をする方などで腕や手首が痛い
スマホを長時間操作していて手首、操作していた指が痛い
妊娠している女性で手首や指が曲がりにくい
デスクワークで手や指に違和感を感じる
手首の痛みがある方で何度も出たりおさまったりする
朝方に指や手首が曲がりにくい
指を伸ばそうとすると引っ掛かって音が鳴ることがある
スマホを長時間操作することが多い
ものをつかもうとしたときに痛みが走る

腱鞘炎に対する当院の考え

腱鞘炎とは骨と筋肉をつないでいる腱が通っているトンネルの様ような組織の腱鞘が何らかの原因によって炎症を起こし、腫れて分厚くなってしまい中を通っている腱がスムーズに通過できなくなってしまった状態をいいます。
多くはスポーツや仕事で指をよく使う方に起こります。また妊娠、出産期や更年期の女性に起こることが多いです。
原因は親指を使い過ぎて負荷がかかり腱鞘が分厚くなって、腱の表面に傷がついたりするのが炎症の原因となることがあります。
また腱鞘炎はホルモンの変化も関係しているため20歳から30歳、50歳前後の女性にとても多い傾向にあります。
この2つを合わせると指をよく使う作業をする女性に起こりやすいという事になります。

腱鞘炎を放っておくとどうなるか

初期の腱鞘炎は症状に波があり途切れ途切れに症状が出ることが多いので放置されやすく重症化してしまうことが少なくありません。なので症状が一時は引いたとしてもその症状の原因を取り除いていかないと完治は難しいと思います。
腱鞘炎を放っておくと初めは関節の違和感、曲げづらいといった症状だったものが触ると痛い、曲げると痛いといった重い症状に変わってきてしまいます。ここまで症状が進んでしまうと症状が慢性的になってしまいなかなか症状が改善されない状態になってしまいます。
指を仕事やスポーツなどでたくさん使う方、または妊娠中の女性などで指や手首に違和感を感じたら早めに医療機関にかかるなどの対策を早めに行いましょう。

腱鞘炎の軽減方法

腱鞘炎になってしまう原因は指や手の使い過ぎによるものなのでその指や手を安静にさせることによって腱鞘炎を防ぐことができます。ですが指や手を良く使う方などは安静にするのが難しいかもしれません。そんな方は1~2時間に一回手を休める時間をとりましょう。こまめに休憩を取ることによって腱鞘炎の予防や悪化を防ぐことができます。
またストレッチを行う事も大切になってきます。ストレッチ自体はとても簡単で指をそれぞれ一本ずつ手の甲の方に反らせる動作を行います。これを2~3セットほど行います。
その他の改善方法として冷やす方法があります。腱鞘炎では手首や指に炎症が起こっている状態の為、痛みや違和感を感じたら冷やしてあげると痛みや違和感が軽減します。

腱鞘炎に対する当院の施術メニュー

当院では腱鞘炎の患者様には鍼治療を勧めています。鍼治療では腱鞘炎の炎症部位をピンポイントで狙うことができるため効果的かつ安全な治療法です。痛みが特に強い場合などは一番効果的です。
他には電気治療があります。この治療も鍼治療同様、炎症が起きている部位の痛みの緩和がもくてきとなります。
鍼や電気は好みや個人差がある為自分に合った治療を受けるのも大切です。
また硬くなっている筋肉をほぐすのも必要になってくるためマッサージの治療も行っています。手の周りにはツボなども多くありそのツボを刺激することで症状が緩和します
その他の治療としてテーピングを行なっています。指や手首をしっかり安静に保つためにテーピングで固定します。

施術頻度はどのくらいか

どの治療にも共通していえることですが痛みが強く出ている状態の場合は毎日でも治療を行いましょう。上記であげた治療はどれも毎日行っても大丈夫な治療なのでご安心して治療を受けて頂きたいです。
また腱鞘炎は治療を行なったとしてもまた指や手を酷使した場合再発してしまう事が多々あるので安静にするという事も忘れないようにしましょう。