むちうちなら天王台北口整骨院

天王台北口整骨院

自律神経

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
Pocket

悩みタイトル

日常生活上でこんなお悩みはありませんか?
頭痛がする(痛くて動くのが嫌だ、吐き気がする)
寝つきが悪い(カフェインを摂取していないのに寝れない、明日朝早いのに全然眠れない、ストレスばかり溜まってしまう)
寝ても何度も起きてしまう(朝起きた時に寝た感じがしない、疲れ絵がとれない、身体がだるい)
食欲がない(一日三食の食事がとれない、栄養バランスが悪い)
全身にだるさがある(常にだるい、仕事や家事、すべてにおいてやる気が起きない)
もやもやする(些細なことでイライラしてしまう)
腹痛がある(食事を摂ると下痢をしてしまう、常にキリキリする感じがある)
二つ以上当てはまるのであれば一度ご相談ください。

自律神経失調症に対する当院の考え

自立神経失調症は『私はならないよ、なるはずがない』と思いがちですが、自律神経失調症は身近にあります。身近にあるからこそ、自分がなっていなくても周りでその症状に苦しんでいる方々にこの病気を認知してもらう必要性があります。人は病気と分かれば「病院へ行こう」それ以上悪化させないように工夫します。ですが、「なんだか調子が優れない」その感覚だけだと人は中々緊急性に気づかず、放置してしまうことが多いです。
この病気は誰にでも起こりうる、症状でもあり、早期改善が重要です。
自立神経失調症の方は、年々増加し日常生活上でも不自由をもたらしてしまいます。
何を伝えたいかというと一人一人が自立神経失調症に対して理解し、少しでも怪しいなと思ったら改善する必要があります。また人は無知な状態だと優先順位が変わります。いつも当たり前にしている事、些細な症状に耳を傾け、まずは自分自身でお身体の評価をして頂きたいと思います。

自律神経の不調を放っておくとどうなるのか

自立神経失調症を放っておくと、不眠症、食欲不全、うつ病など、さまざまな症状が出てきます。
その多くの方が、自分自身の緊急性をわからず放置してしまいます。放置すると今まである症状が進行するだけでなく、鬱状態になると、姿勢が悪くなり、腰、肩周りの筋肉が硬くなります。硬くなるとそこの筋肉が上手く使えないので、周りの筋肉を代用して使ってしまします。繰り返してしまうと周りの筋肉も過剰に負荷がかかるので痛めやすくなります。
姿勢が悪くなってしまうと猫背姿勢になり内臓が圧迫されます。圧迫された状態だと内臓機能が上手く働かず、食欲不全や冷え性、ニキビや肌荒れを起こしやすくなります。そういった症状がどんどん重なり、とても危険な状態になります。
症状が重くなる前に、何かおかしいなと感じたら、それは脳が知らせてくれている緊急サインです。見逃さずにちゃんと答えてあげましょう。

当院の自律神経に対する施術とは

当院の行う治療としては自律神経調整法という治療を行います。
脳波と手技治療の効果が科学的に実証された治療です。脳波とは脳が活動しているときに出る電気です。眠ると弱くなり治療としては自律神経調整法という治療を行います。脳波と手技治療の効果が科学的に実証された治療です。
脳波とは脳が活動しているときに出る電気です。眠ると弱くなります。脳波にはα波、β波、δ波などがあります。その中でもα波はリラックスしているときに出る脳波です。α波にもα1、α2があります。α1は睡眠中やリラックスしているときに出ます。α2は特にリラックスしていて『セロトニン』と言われる物質が活発に出る脳波です。自律神経失調症の方は普段、『交感神経』と言われる興奮時に出る神経と『副交感神経』と言われるリラックス時に出る神経のバランスが大きく乱れています。セロトニンが出ることでこの交感神経と副交感神経のバランスが整い自律神経の乱れを解消します。

その施術を受けるとどう軽減するのか

人間は『交感神経』と『副交感神経』の2種類があります。
交感神経は怒りや緊張など興奮状態に優位になる神経です。
副交感神経はリラックスしている時や感動しているときに優位になる神経です。
通常この2つの神経がバランスを取っている状態なのですが自律神経失調症の方はこの2つの神経のバランスが崩れた状態になり、体調が悪くなります。当院の『自律神経調整法』を行う事によりこの2つの神経のバランスが整い上記の不眠、食欲不振、うつ病などの改善に繋がります。また心因的な物だけでなく肩こり、頭痛、五十肩、高血圧や不妊、リウマチ、集中力が持たない、めまい、肩や頚の可動域がなくうまく動かせないなど様々な症状の改善、軽減が見込めます。よく分からないけど気分が上がらない、身体がだるいけどどこへ行ってもよく分からず改善が見込めない等の症状があれば一度この自律神経調整法を受けて頂くことをお勧めします。この治療を継続的に行う事により徐々に良い状態が身体に定着していきます。

施術頻度はどのくらいか

自律神経失調症の治療期間は早い方で3か月、長い方で10年以上かかる方もいます。
治療を初めてからは身体やメンタルの部分で変化は出てきますが、そこで治療を止めてしまうとまた症状の再発してしまいます。それどころか、以前よりも症状が悪くなる可能性もあります。当院の矯正治療や手技治療なども同様に、治療を始めてからすぐに身体に変化は出ますが、最低3カ月~1年は続けていくことが大切です。治療の頻度も週3回が理想です。

▲ページの先頭へ戻る

天王台北口整骨院のご案内

【住所】〒270-1176 千葉県我孫子市柴崎台1-10-3【電話】TEL:04-7170-0650

天王台北口整骨院景観
受付時間 土・祝・日
9:00 ~12:00 8:00~12:00
15:00~21:00 14:30~17:00

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR常磐線 天王台駅 北口から徒歩1分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

天王台、柴崎台、柴崎、青山台、栄、泉、下ケ戸など広く地域の方にお越しいただいております。

▲ページの先頭へ戻る

Scroll Up