悩みタイトル

手先足先が冷える。
慢性的な肩こり。
体調を崩しやすい。
お腹を下しやすい。
生理痛が酷い。
頭痛が頻繁に起こる。
なんとなく気分がすぐれず身体が重だるい。
などの症状はありませんか?その症状は身体の冷えいわゆる『冷え性』が原因かもしれません。身体が冷えると全身の筋肉が硬くなりその間を通っている神経や血管が圧迫されやすくなります。そうすると身体に重だるさや痛みが生じやすくなったり内臓の動きが悪くなったりして不調が生じてしまいます。またそう言った症状が続くとそれらがストレスとなりイライラや自律神経の乱れが生じてしまう場合もございます。

冷え性に対する当院の考え

当院の『冷え性』に対する考えは主に2つございます。1つ目は筋肉の硬さです。運動や仕事、日常生活で身体が疲れ疲労がたまると筋肉が硬くなってしまいます。通常ですと良質な睡眠をとることで体は回復し疲労が緩和していきますが、回復が追いつかないと筋肉がどんどん硬くなってしまいます。その結果毛細血管などが圧迫され手足の血流が悪くなり冷えが生じてしまいます。また、普段運動をしない、筋肉が落ちてしまっているという方も身体で熱が産生できなかったり、筋肉によるポンプ作用が働かず身体の末端に血液が行きにくい状態になってしまいます。

冷え性を放っておくとどうなるの?

冷え性をほっておくとその冷えからさらに胃腸などの動きが悪くなり食欲不振や消化不良などを引き起こす恐れがあります。さらにそれらの症状が続くとストレスや自立神経の乱れなどを引き起こす場合もございます。それだけではなく体温が低下し風邪をひきやすい、病気になりやすい事もリスクがございます。これら体調面でのリスクも考えられますが、身体が冷えるということは筋肉や皮膚血管などの軟部組織の緊張を生みます。その状態でお仕事や家事、育児、スポーツなどを行うと疲労を起こしやすい状態になります。その状態が続くといつもと同じことをやっていても筋肉の損傷などの怪我のリスクもうむため『たかが冷え性、されど冷え性』と思って改善の努力が必要となってきます。

冷え性の改善方法

冷え性の改善方法は主に身体を温める。硬くなった筋肉をほぐす。筋力をつけてポンプ作用を上げるなどがあります。また自律神経の乱れがある場合には自律神経の乱れとなる原因を見つけ出しそれを改善することで冷えの症状を緩和します。身体を温めるには、日々の入浴、暖房、暖かい衣服を身につけるなどがあります。硬くなった筋肉をほぐすにはセルフでストレッチやマッサージなどをすることで筋肉の緊張がほぐれ血管やリンパなどの圧迫が改善します。また筋力トレーニングや適度な運動をすることで筋肉が収縮と弛緩を繰り返す中でポンプ作用が働き血液の流れを良くしてくれます。

冷え性の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

冷え性の改善に効果的な当院の施術メニューは、手技、筋膜リリースストレッチや猫背矯正などの筋肉にアプローチする施術や鍼などの施術がございます。また、骨格的に姿勢を整える骨格矯正や支える筋肉を複合高周波でつける楽トレ(電気)などもございます。また当院では肩甲骨周りの筋肉を刺激しその周囲に点在する褐色脂肪細胞を活性化させることで新陳代謝を上げる『肩甲骨はがし』、痛みや刺激に弱い方へは電気を使用したハイパーナイフで直接冷えや浮腫がある部位を温めることでそれらの症状の緩和が見込める施術もございます。さまざまな施術メニューがございますのでお身体の症状を診させて頂きひとりひとりアプローチが異なるので一度ご来院頂きご相談頂ければと思います。

その施術を受けるとどう楽になるのか

手技施術や筋膜リリースストレッチ、猫背矯正などは主に硬まった筋肉をほぐす、伸ばすなどのアプローチをかけます。特にこの3つによってアプローチされる身体の組織の中に『筋膜』というものがございます。この筋膜は身体の痛みを感じる感覚受容器が豊富にあるため上記の3つの施術を受けていただくことで辛さが緩和され筋肉が柔らかくなりスッキリすることができます。このスッキリ感がストレスからの解放をうみ血流の改善が起きます。またハイパーナイフによる直接部位に対してアプローチする施術では皮下組織の温度を上昇させることが出来るためすぐに温かさを感じることができ『血が巡っている感じがする』『身体がぽかぽかする』などのお声を頂いております。

改善するために必要な施術頻度は?

症状を改善するために必要な施術の頻度は『週○回を○か月』とは一概に言えません。なぜなら性別、筋肉量、代謝量、年齢、体調、お仕事や家庭環境での疲労度合い、ストレス、先天的特質などがあり施術を受けていただいてからの効果を実感するまでの時間や変化に差があります。その中でも当院に通っていただいている方々では主に『週2〜3回を3か月〜12か月』通っていただくことをお勧めしております。お身体に変化が起きやすい期間やターンオーバーが起こる期間がこれらに該当するからです。