むちうちなら天王台北口整骨院

天王台北口整骨院

ヘルニア

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
Pocket

悩みタイトル

  1. 頸椎椎間板ヘルニアの場合における症状
    首の痛みズキズキするような痛みで症状が重くなるにつれてだるさ、気持ち悪さなどが一緒にでることがある
    腕の痺れ決まった指にだけ常にしびれがある症状が重くなるにつれて、腕をつかまれているような感覚や、指の感覚が無くなることがある
    お箸がつかいづらくなる
    ボタンがのつけずらさがある
    腰椎椎間板ヘルニアの場合胃置ける症状
    腰の痛みが日常的に継続しつずける
    下半身(足)にしびれが出てくる
    足の感覚をかんじなくなってしまう
    歩くたびにズキズキと痛みがはしる

  2. ヘルニアに対する当院の考え

    まず、椎間板とは、背骨の骨と骨の間にある体の衝撃を吸収するクッションのようなもので椎間板が主に年月(年齢とともに)によりクッションが脆くなり崩れクッションが後方に飛び出すことによって起こります。30代~50代の方に多く発症します。
    また猫背の姿勢などの悪い姿勢での仕事や衝撃や衝突などが多くある接触スポーツなどが原因で起こることもあります。そもそも椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。なので年齢と共に椎間板の老化はもちろんのこと、急に重い物を持ち上げる、中腰といった日常の動作、激しいスポーツなどの腰への負担がきっかけとなることが少なくありません。
    そのクッションが飛び出す場所により、神経根の圧迫、脊髄の圧迫などが起こるため痺れや常に足や腕などが痛い状態となってしまいます。
    そのほとんどの症状は3ケ月程続くことが多くみられます。

  3. ヘルニアを放っておくとどうなるのか

    椎間板ヘルニアを放っておくと神経症状が強くなります。腕や下肢など様々な部位に痺れや痛みが強く出てきて日常生活で様々な困難が起こります。
    ベッドから起き上がりたいけど痛くて起きることが出来ない。歩いていると力が入らなくなってくる。などがあります。こうした症状が強くなると仕事や娯楽などに時間を割くことも出来ません。
    また、症状の進行が進んでしまうと膀胱直腸障害や排尿障害が起こり自力で排尿をすることが困難になってきます。ここまで症状が進んでしまうと外科的な手術をしなくてはならない場合があり、身体や時間、費用などで負担が大きくなります。そうならないためにも、少しでも怪しいと思った時や痛みがる時には、専門家に診てもらい適切な処置や治療をしていくことが必要になってきます。早期の発見が今後の人生に大きな影響を与えることを意識していただくことが大切です。

  4. 当院のヘルニアに対する施術とは

    鍼治療
    痛みが出ている患部に直接刺激を加えます。
    痛みが出ている部分と痛みがせている部分を庇おうと負担を背負って筋肉が疲労して硬くなっている部分のにたいして治療を施していきます。
    当院では硬くなっている筋肉そのものに直接鍼を施すものと、東洋医学的な観点から気の流れを整え、身体の乱れ(痛みが出ている部分)を整えていく治療がございます。

    基本的に鍼治療とは、筋肉にとても細かい傷が出来ており痛みが出ている部分に対して鍼で新たな傷を作りますその傷をつけた部分の細胞が活性化し筋肉の傷の回復力を最大限に生かすのが鍼治療です。

    一般的には鍼治療は痛い治療としてイメージされがちですが
    当院の鍼治療は患者様のお身体に合わせて鍼の太さや鍼のうつ深さを変えるため
    ほとんど痛みはございませんのでご安心ください。
    しびれにかんしては鍼治療の効果は大変期待が出来る治療です。
    その他当院では、電気治療、矯正治療といったヘルニアの症状と発症した期間に応じて、
    対応できる治療が決まってきます。
    一概にも、椎間板ヘルニアだからこの治療ときまりがあるわけではございません。
    その方にあった最高の治療を提案させていただきます。

  5. その施術を受けるとどう軽減するのか

    当院に来ていただいている同じお悩み(椎間板ヘルニア)と診断された患者様から
    実際にいただいたお声をまずご紹介させてただきます。
    「整形外科ではMRIを撮った後に痛み止めと湿布しか処方してくないのであんまり変わらなかったです。始めは痛さやしびれで仕事を辞めようと覚悟したほどでしたが今では歩くことも出来るし、仕事も続けられています。ここで治療してもらってよかったです。」「整形外科ではやってくれないような治療をしていただいたおかげでだいぶ身体が楽になりました」などのお声をいただきました。整骨院では外科的な手術をすることはできないので飛び出してしまった椎間板などを除去することはできません。しかし、その根本的な原因の一つでもある姿勢不良や筋力不足、それに伴う筋肉の硬さや柔軟性の不足などを改善していくことが出来ます。まずはメインとなる手技療法と遠赤外線の電気を使用した温熱療法などで硬くなり神経や血流を悪くしている筋肉を柔らかくしていきます。次に矯正治療で不良姿勢を治していき椎間板にかかる負荷を抑えることが出来ます。整形外科であまり症状が改善しない方は一度お身体を診させていただけると最善の治療法が見つかるかもしれません。

  6. 施術頻度はどのくらいか

    椎間板ヘルニアを改善させる治療頻度は最低週に3回は治療し、それを一年続けていくことをお勧めします。人間の身体は生活の中で様々なストレス(仕事や育児、スポーツや趣味など)を受けています。当院で治療してよい状態になっても再度そのストレスを受けてしまうと治療する前の状態に戻ろうとしてしまいます。そうならないためにも週3回の治療を行い常に身体に良い状態を教え込まなければなりません。それを3ヵ月続けていったときに症状の『変化』が出てきます。治療頻度が少なくなっても悪い状態に戻っていかなくなってきます。そして治療を12ヵ月続けることで身体に良い状態が定着します。

▲ページの先頭へ戻る

天王台北口整骨院のご案内

【住所】〒270-1176 千葉県我孫子市柴崎台1-10-3【電話】TEL:04-7170-0650

天王台北口整骨院景観
受付時間 土・祝・日
9:00 ~12:00 8:00~12:00
15:00~21:00 14:30~17:00

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR常磐線 天王台駅 北口から徒歩1分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

天王台、柴崎台、柴崎、青山台、栄、泉、下ケ戸など広く地域の方にお越しいただいております。

▲ページの先頭へ戻る

Scroll Up