悩みタイトル

眠っても夜中に目が覚めてしまう
予定していた時間より早く起きてしまいその後寝れない
寝付きが悪い
寝ても寝ても疲れが取れない
睡眠時間の割に疲れがとれない
なかなか眠りにつくことが出来ない
睡眠薬などを飲まないと寝られない
日中あまり集中できないことがある
眠りが浅いことがある

不眠症に対する当院の考え

不眠症とは入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害といった4つのタイプに分類されます。
入眠障害:床についてもなかなか眠りにつくことができない。(30分~1時間以上)
途中覚醒:いったん眠りについても夜中に何度も目が覚めてしまう。
早朝覚醒:起きる予定の時間よりも早く目覚めその後寝れない。
熟眠障害:寝ているのに眠りが浅く熟睡した感じが得られない。
この様な症状に当てはまり日中の倦怠感、眠気、集中力の低下などの体調不良を引き起こすものをいいます。
日本においては5人に1人がこの不眠症に悩まされていると言われています。
また不眠症は男性よりも女性の方が多く20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。

なぜ不眠症になるのか、その原因

不眠症になる原因はとてもたくさんの原因があります。その中でもいくつか紹介していきます。
まず1つ目として心の要因があげられます。悩みやイライラ、極度の緊張など日々のストレスです。普段の生活で様々なストレスを受ける方は多いと思います。
2つ目としては生活習慣です。生活リズムの乱れ、交替制勤務や時差などによって体内リズムが乱れると不眠を招きます。
3つ目は薬や刺激物によるものです。薬としては降圧剤・甲状腺製剤・抗がん剤などがあります。刺激物としてはコーヒー・紅茶などに含まれるカフェイン、たばこに含まれるニコチンがあります。
4つ目は身体の病気です。高血圧や心臓病、呼吸器疾患、アレルギー疾患などの疾患です。
以上のように不眠症になる原因は様々です。

不眠症の軽減方法

不眠症の改善方法としてはまずは眠くなるまで寝床に入らないという事です。不眠症で苦しんでいる人は、眠ることにとらわれ、寝床は苦しい場所だと無意識に思っています。眠くなるまで寝床に入らないことが大切です。
また一番はリラックスする事です。リラックスする方法は様々ありますし人それぞれだと思います。例えば睡眠前に湯船につかったり、軽い運動をしたり、アロマなどのいい匂いを嗅ぐなど本人にあったリラックス法を見つけるのも一つの改善法です。
また朝は決まった時間に起きて太陽の光を浴びることも大切です。
太陽の光を浴びることによって体内時計が整い、快眠につながります。お休みの日なども起床時間の差を2時間以内に収めましょう。

当院オススメの軽減メニュー

当院のおすすめの不眠症に対するメニューは2つあります。1つ目は手技によるCPC(頭蓋骨矯正)です。頭蓋骨矯正と聞くと一見怖いように感じますが、施術中には寝てしまう方もいるほどの治療です。頭蓋骨矯正はパズルのような頭蓋骨のずれを優しくてを使って正しい位置に導いてあげんような治療です。そのために頭蓋骨周辺の筋肉にアプローチし、そこから各頭蓋骨パーツにアプローチします。頭蓋骨が歪んだ状態で生活していると、頭蓋骨内の脳脊髄液の循環が滞りそれが原因で顔のむくみやストレスが溜まることで不眠が起こってしまうケースがあります。
2つ目は鍼による全調整鍼です。全調整鍼はいっけん不眠や頭痛などと関係が無さそうなところにツボをとり鍼を刺していきます。一人一人患者様にの症状に合わせて検査を行ってからツボをとるので、『夜眠れるようになった』『頭痛や肩の凝りがなくなった』『食事が喉を通るようになった』などのお声を頂きます。これらは単に不眠が解消されただけではなく、不眠の原因でもあるストレスがたまりにくいように自律神経も整えられたから効果が出ています。それにより不眠以外の食欲の回復や筋肉の緊張なども緩和されています。

施術頻度はどのくらいか

治療頻度としては最低でも週に2回は治療を受けた方がよいと思います。不眠症によるストレスや寝不足の疲れをそのままにしておくとうつ病などの精神疾患に繋がる恐れがあります。また治療を始めて最初のうちは症状が戻りやすいのでこまめに治療を受けることが大切です。また一番はストレスをため込まないことです。当院ではリラックスできる環境を提供します。