悩みタイトル

肩こり
デスクワークによる長時間の前かがみが続いてしまい頭が前に出て体重の約10%ある頭を支えるには大きな筋力が必要になる為持続するために緊張ガ続き筋肉内の毛細血管が圧迫される事により血行が悪くなりコリの状態になります。
頭痛
頭の周りや首の後ろから肩、背中にかけての筋肉が緊張し、肩が凝ってしまうため頭の後ろの筋が緊張により老廃物がたまり神経の圧迫により頭痛が起こります。
腰痛
筋肉の使い過ぎにより、筋肉痛が起こりそのまま酷使した状態により炎症が起きている状態です。また椎間板のズレなどにより骨同士がぶつかる神経痛などもございます。
五十肩
正式には肩関節周囲炎という疾患名で、肩関節の周囲に起こる炎症の事。主に発症年齢が40代以降であり、明らかな原因がない時五十肩とよびます。
ぎっくり腰
主に背中、筋膜の損傷であり重いものを持った時に筋肉の衰えにより肉離れが生じている可能性があります。この時に無理をすると椎間板の損傷などをまねきます。

身体の痛みや不調、放っておいたらどうなるの?

痛みとは、身体に何かしらの不調や異変があるときに発症します。これを放っておくことにより慢性の痛みに変わってしまい、痛みの原因を取り除いたとしても痛みを取り除くことが難しくなってしまいます。更に痛みが続き、夜眠れなくなってしまったり、不安や恐怖により鬱にもつながってしまい悪循環につながってしまいます。ストレスにより本来持っている痛みを抑える神経が弱ってしまい強く感じたり、痛みが慢性化してしまいます。

一般的なマッサージや整体で症状が軽減しない理由

整体で症状が改善しない理由は、痛みの根本から直していないからです。一般的なマッサージでは筋肉をほぐしその場では楽になったと思うのですが、骨盤のズレや、筋肉の癖などを取っていない為原因があるうちは、いくら筋をほぐしたところで体の歪みにより筋肉に持続的な圧が加わってるために、マッサージだけでは身体の痛みなどは解消されず何回も身体が痛い状態続いてしまうのが症状が続いてしまう原因です。その為根本からの治療が必要です。

整体院と整骨院の大きな違い

整体院と整骨院の大きな違いは、施術方法や資格などが違います。
「整体」とは、体を支える中心となる骨盤や背骨を整え、骨のズレなどを矯正で直すことにより筋肉のコリや、疲労や体全体のバランスを整えていきます。民間療法であり、医療制度で見れば補完代替医療の一種であるが、保険適用外であるため、通常医療と共に病院で補助療法として用いられることはない。
「整骨」とは、ほねつぎとも呼ばれ、打撲、脱臼などを江戸時代から伝わる伝統医療です。また柔道整復師という国家資格者が施術を行います。民間資格とは違い、最低3カ月勉強し卒業資格を取り国家試験を合格しなければ持つことが出来ない資格です。

当院の整体とは

当院の整体は、問診の時に身体の状態をみさせて頂きその時の症状に合わせた治療を提案させていただき患者様のニーズに応えさせていただいています。痛みの原因を追求し、患者様に最も合った治療をオーダメイド方式により受けて頂くことができます。またお身体だけではなく、心のケアを大事にしており痛みがある人は私生活で大好きなスポーツを思う存分出来なかったり、仕事や勉強で腰や肩の痛みで、ストレスがたまり心に串が刺さった状態で患者様の「患」の字は心に串が刺さった状態なので、それを抜く事が目的です。スタッフ全員で患者様の情報を共有しており誰が入っても患者様のお身体を把握している状態にしてります。また、国家資格を持ったスタッフが治療に入ることにより専門的な知識を持ち合わせている為ぬいていきます。、安心して治療を受けて頂くことができます。そして、対話により今患者様が悩んでいることも一緒に解決していくことにより心の串をぬいていきます。

当院の整体はこんな症状に効果があります

当院の整体は、患者様のお身体に合わせた治療を提案させて頂き、その時にあった治療をを行なっていきます。例えば、肩こりや頭痛が続く場合は、猫背治療という、骨格ではなく筋肉に対してアプローチをかけさせていただき、骨に負荷をかけられないご高齢の方などに多く受けてもらっています。下肢のむくみ、冷え性などには筋膜STを提案させて頂くことが多いです。自分では伸ばせない下肢の筋膜を伸ばさせて頂いています。筋肉が硬くなってしまった為下肢の血流が悪くなり老廃物などが溜まってしまうため疲れや、体温が上手く身体を流れない状態なため筋膜を伸ばすことにより効果を実感させていただいています。

整体を行う頻度は?

身体の細胞は、3カ月周期で変わるといわれ、一回の治療では、完全に良くなることはありません。3か月治療を続けていくと痛みを感じにくい身体になりますが、痛みの根本が良くなっていない為すぐ痛みを感じます。6ヶ月目になっていくと姿勢が良くなってきたと自覚症状が出てきます。9か月目には安定期に入り。私たちの指圧やメンテナンスを受けて頂くだけで良くなります。12か月目では、定着期に入りメンテナンスがいらないお身体になります。通う頻度が少ないとこの期間は1年以上になってしまい、どんどん長くなっていきます。そのため週2~3回通って頂くことが理想的です。