むちうちなら天王台北口整骨院

天王台北口整骨院

ヘルニアと間違えられやすい脊柱管狭窄症!正しい治療で痛みを改善

Pocket

普段生活をしている中、次のような症状に悩まされることはありませんか?
お尻や足が突然痺れ痛む、長距離歩くことが段々と困難になってきた、
痛みが強く腰をそらすことができない。

そのような症状が見られる場合、それは脊柱管狭窄症の可能性があります。

脊柱管狭窄症とは、背骨の変形やヘルニアなどによって神経が通る道である
脊柱管が本来よりも狭くなり、神経に影響を与えてしまうことを指します。

神経に負荷がかかることで手足のしびれや痛みが生じることがあるのです。
この症状はよくヘルニアと呼ばれる症状にも似ていますが、その原因が異なります。

脊柱管狭窄症は、先にもご説明をしたようにあくまでも通り道が狭くなって
しまっている状態のことを指します。

そのため、整骨院・接骨院などに行った際に神経の通り道が狭くなっているために
脊柱管狭窄症と診断された場合であっても患者様ご自身には、痛みや痺れなどの
自覚症状が全く無いという場合もあるのです。

一方でヘルニアは、神経を圧迫してしまっている状態のことを指すためその多くが
痛みなどの症状を伴います。ほとんどの場合は、痛みなどの症状が出てから
それを治療するために整骨院・接骨院へ行く流れとなるでしょう。

脊柱管狭窄症とヘルニアは症状が出る部位も非常に似ており、混同される方が
多いのですが、脊柱管狭窄症の方が加齢などに伴う筋肉の硬直や血行不良によって
引き起こされやすい点が特徴です。

加齢と共に人の背骨は、変形しやすくなります。この変形が神経管を狭めてしまう
場合があるのです。

そのため、発症する年代にも差があります。腰椎ヘルニアは20代〜という比較的
若い年代での発症も多く見られますが、脊柱管狭窄症は50代〜という比較的年上の
方々に多く見られます。

脊柱管狭窄症は加齢に伴う仕方の無い症状であると放置されやすいですが、
痛みや痺れを放置し続けると段々と痛みを感じられない状態である麻痺に繋がります。

痛みがある内は、まだ症状が軽いということなのですぐに整骨院・接骨院へ行って
治療をしてもらうようにしましょう。最大の原因である血行不良を改善し、痛みを
取るための治療を受けることができます。

当院でも、脊柱管狭窄症に関する相談をお受けすることができます。
症状や性質によって治療の方法も様々ですが、血行不良は1回の治療で直す
ということではなく根本的な体質改善から行う必要があります。

そのためには、定期的かつ継続的な通院が必要です。違和感を覚えている場合、
もしくはまだ特に症状は出ていないけれども心配な方は、お気軽に専門医へ
相談をしてみてください。

脊柱管狭窄症には、早めの治療と日頃からの継続的な対処が非常に有効なのです。

 

天王台北口整骨院
〒270-1176 我孫子市柴崎台1-10-3
TEL:04-7170-2260

[ 2018年6月5日 ]

天王台北口整骨院のご案内

【住所】〒270-1176 千葉県我孫子市柴崎台1-10-3【電話】TEL:04-7170-0650

天王台北口整骨院景観
受付時間 土・祝
9:00 ~ 12:00 8:00 ~12:00 /
15:00 ~ 21:00 14:30 ~ 17:00 /

土・祝も営業しております。日曜定休

当院までの地図

JR常磐線 天王台駅 北口から徒歩1分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

天王台、柴崎台、柴崎、青山台、栄、泉、下ケ戸など広く地域の方にお越しいただいております。

▲ページの先頭へ戻る

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する

Scroll Up